お酒を飲みたくなくても飲んでしまう「業種」が実はあった!!

2019年5月3日

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

お酒

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

「お酒は身体に悪い」そんなことは分かっています。

 

分かっていますが、

  • 仕事で疲れた時
  • 顧客に怒られた時
  • ジムで気持ちよく汗を掻いた時
  • 友人に飲み会に誘われた時

・・・など、たくさんの理由で私たちはお酒の誘惑に負けてしまいます。まぁお酒が好きな人はそんなの関係なく毎日飲んでると思いますが笑。

 

しかし世の中には飲みたくなくてもお酒に頼らざるおえない・・・という人も実はいます。まぁいるよね笑

 

そんなわけで「飲みたくなくてもお酒に手が出てしまう仕事」について書いていきます。

研究内容

ペンシルベニア州立大学とバッファロー大学の研究チームが、日常的に一般の人々を相手に仕事をする人々の飲酒習慣について研究(1)しました。

 

業種は、顧客と仕事をするフードサービスなどの接客業、患者と仕事をする看護師、学生と仕事をする教師などが対象に行ったらしく、そのデータは米国国立衛生研究所にあるデータを使いました。

 

データの規模で言うと1,592人の米国の労働者との電話インタビューから得たものを使い、

  • どの程度・頻度で感情を偽ったもしくは抑制したか
  • 仕事の後に飲んだ頻度、量

などで、研究者らはプラスで参加者らはどのくらい衝動的な性格か、そして彼らが仕事で自立性をどのくらい発揮できていると感じているかの程度を測定しました。

 

まぁつまり、参加者の性格と、どのくらい我慢をしたか?そしてストレス発散にお酒を飲んだか?を調べたということです。

研究結果

お客さんを相手にする仕事をしている人ほど仕事の終わりにお酒を飲む傾向にあることが解りました。

 

更に仕事中の表情にも飲酒は関係しており、偽っていればいる人ほど飲酒と深く関係していることが解りました。

 

つまり

  • 個性が発揮できない
  • 上からの指示でのみ動ける
  • 仕事のやり方を指図される
  • 感情を抑える

などと深く関係している人ほど飲酒が進むということが解りました。

 

また仕事中に感情を抑えることに精神を削るため、夜の時点では判断力がなくなり、飲酒を抑える自制心は皆無になってしまっているため、自分ではどうしようもできません。

 

なんで?

判断力というものは有限で1日に使える量が決まっています。勿論鍛えることは出来ますが、判断力が落ちてくると誘惑に負けるようになります。

 

つまり自制心が弱るためダメと分かっていても夜食したり、遅くまでテレビを見たり、といった行動をダメと分かっていてもしてしまいます。

 

睡眠で回復しますが、一番自制心が弱くなるのは仕事からくたくたの状態で帰ってきた時間(夜)なため、自制心が弱っていると己の欲望のままに行動してしまいます。

 

特に接客業に勤めている人は己の感情を抑えて笑顔で対応することを求められるため、かなり深い関係で飲酒と結びついています。やばいですね・・・

 

しかも接客業に務める人の殆どは、若くて社会に出て間もない人が多いため、非常に困難極まります。自己管理能力や経済的にも欠ける部分があるため飲酒を抑制することが困難な状態にあります。

 

研究者らは最後にこう述べています。
「職場でもう少し自主性を持つことを従業員に許可することを検討してほしい」と・・・

判断力を高める方法

自分の判断力や自制心を高める方法としてメンタルトレーニングが有効です。一番は瞑想を毎日することで自己コントロール能力が高まります。

 

その他にも森林浴をすることでストレス発散になったり、単純作業やボルダリングなどの没頭する運動も効果的です!

感想

私も以前は接客業に務めていた時がありました。
未成年の頃から親には「飲め飲め」といけない誘いを強いられましたが、一切飲みませんでした。そもそも飲む前から臭いな~と感じていたため成人しても飲むことはないだろうと思っていました。

 

しかし接客業についてからはほぼ毎日飲むようになってしまいました。
正直言って驚きです。私ってこんなにお酒が好きだったんだ!と驚いたほどにぐびぐびと毎日飲んでしまいました。

 

今は接客業をしていないのでお酒はまた飲まなくなりましたが、この研究を知ることが出来てなんであの時お酒を毎日飲むことになっていたのかが納得しました。

 

「必ずしも飲酒してしまう」というわけではありませんが、もし飲酒したくないのであれば、業種を変えてみるのも1つの手だと思います。

 

この他に、ジャンクフードを食べる人ほどお酒をたくさん飲む可能性が高くなるかも!?という研究もあるのでぜひチェックしていって下さい!

2019年5月3日仕事

Posted by たか