ASMRは本当に効果があるのか?どんな効果があるのか?

2019年11月1日

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ASMR 効果

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

「ASMR」って知ってますか?よく知らなくても言葉一回は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

 

「Autonomous Sensory Meridian Response」を略してASMRで、日本語だと自律感覚絶頂反応と訳されています。具体的にどんなのかっていうと、wikiによると

人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚

と記されています。

 

外国ではすでに数年前から浸透していてyoutubeなんかにもたくさん ASMR の動画をアップロードされています。1本の動画で1000万回再生されてたりと人気のある新しいジャンルが出来ています。

 

日本ではどうなの?っていうとやっぱり他と比べたらまだまだですが、それでも徐々に人気を集めるようになっています。

 

私がASMRを知ったのは3年くらい前で、外国の方がアップした動画がきっかけで動機は「きれいな人だな~」と思って再生したのが最初でした。日本人でもyoutubeで長くやってる方だと「hatomugi(はとむぎ)」さんという方がいます。

 

「ASMRについてはなんとなくわかった、けど何を目的として使ってるんだ?」ってことになったと思います。楽しかったり嬉しかったりと、音を聞くことでなんか自分に利益でもあるの?って疑問に思ったのではないでしょうか?

 

もし、自分に利益をもたらしてくれるならいいですよね?ただ聞くだけで健康になったり、活力が湧いたりしたらいいですよね?

 

ということで今回紹介する研究(1)は、ASMRを利用するとどんな良いことがあるのか?本当にいい影響をもたらしてくれるのかってことを科学的に証明していきます!

研究内容

スウォンジー大学の心理学部から2015年に発表された研究で、18~54歳の男女475人を対象に研究しました。

 

対象者はすでに ASMR のことを知っていて、経験してる人や定期的に経験してる人であることを事前に自己申告してもらってます。

 

更に詳しく調べるために、

  • 人口統計(慢性疾患・薬・うつ病・ストレスなど)
  • ASMRを利用する頻度(再生時間・視聴回数・頻度)
  • ASMRの種類(ささやき声・耳かき・タッピング音・マッサージ音・租借音など)
  • 刺激が走る場所(体の部位)
  • ASMRの視聴理由(ストレス緩和・睡眠の補助など)
  • フロー状態の度合い
  • 気分や慢性痛への影響

と大きく分けて7つの項目を設けて参加者を分析しました。かなり細かいんじゃないでしょうか?

研究結果

まず参加者はどんな目的で利用してたのかっていうと、

  • 98%がリラックス
  • 82%が睡眠の補助
  • 70%がストレス緩和
  • 少数の意見として5%は性的興奮(84%は同意しなかった)

という結果でした。効果があるかはさて置き、こんな使われ方をしてたんですね~。

次にどんな音でリラックスや心地が良いと感じたかというと、

  1. 75%でささやき声
  2. 69%で向かい合って話しかけてる感じのやつ(良い訳し方が見つからなかった)
  3. 64%で爪などのタッピング音
  4. 53%でゆっくりとした動き

2,4番目のやつに関しては正直ぴんと来ないと思います。自分も訳し方に困ってグーグル翻訳をそのまま使ったような感じになってしまってふがいないです・・・。

 

なので実際にyoutubeで見てもらった方が早いと思います。すみません・・・。

 

81%は寝るときに使っていて、52%は静かなところや周りに邪魔されないところを好んでいました。その他には30%は時間とかに関係なく好きな時に使ってると答えました。

 

薬に影響はしたのかについてはわずか3人しか肯定的で抗うつの薬を服用する量が減ったと答えました。別の人は睡眠薬の量が減ったなどと答えていましたが、多くの参加者はASMRにそんな効果はないと答えました。

 

次にASMRは気分を良くしてくれるのか?というと参加者の80%は「気分が良くなったと答えていました。実際にASMR前後で分析してみると有意に気分が改善しており、抑うつの具合も改善されていました。

 

しかしその効果は時間が経つにつれて効果が薄れていることも分かりました。

 

つまり、ASMRを体験することで気分は良くなったり抑うつ状態が緩和されたけど、時間が経つにつれてその効果がなくなってくよ!ということでした。ちなみに参加者の69%はうつ病の緩和のために使ってると答えていました。

 

次に慢性痛に効くのかということですが、

  • 38人は効果あり
  • 13人は不明
  • 40人は無し

と答えました。そこで「効果あり」と「不明」と答えた人のデータが不完全な人を除いた45人を対象に、本当に効果があったのかってことをASMRの前後で調べたところ、明らかに効果があることが分かり3時間後まで効果があったことが分かりました。

 

まとめ

ASMRの主な効果としては、経験した3時間後までは

  • 気分が良くなる
  • 慢性痛のが緩和される

といったところでしょうか?

 

「効果がなかった!」と答えた人もいるので効果がある人とない人の違いって何だろうって話になるんですが・・・笑。

 

この他にも効果がある・ないの結果はありましたが、別段取り上げるようなことはないかなといった感じだったので書きませんでした。

 

この他にも「1日にどのくらい聞けば効果がある」とか、「何時間聞けばいいのか」などの細かいところまでは調べてないらしく、一部疑問の残る結果になってしまいました。

 

まぁでも別に好きならそんなこと考えなくても聞いてればいいし、ASMRだけが気分を良くしたり慢性痛を和らげてくれるわけじゃないのでそこまで問題ではないと思いました。まぁもやもやするけどね笑。

 

ASMRに関してはまだまだ研究数が少なくて、わからないことばっかりなので気長に待つとしましょう~。

2019年11月1日心理学

Posted by たか