クリスマス・お正月でも太らない科学的に簡単にできるダイエット方法

2019年11月9日

クリスマス ダイエット

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

この時期になると忘年会などが増えて、外食が増えると思います。クリスマスなんかでもケーキを買ったり、ケンタッキーでチキンを買ったりと食生活が乱れがちになります。

 

お正月なんかはお餅を食べながらこたつでのんびり過ごすんじゃないでしょうか?

 

つまり何が言いたいかって言うと「太る」季節になりましたね!ということです!

  • おいしいものはたくさん食べるけど外は寒いから運動はしない
  • 年末年始は仕事が休みだから余計に家でゴロゴロする

そんな生活をしてると間違いなく太ります。お雑煮とかおいしいですよね!高校生の頃お餅を食べ過ぎて、5㎏太った経験がある僕だから分かります笑。

 

実際に科学的にも「クリスマスとかゴールデンウィークなどの休日は太るよ!」ことが研究結果(1,2)で出ています。

 

ということで今回紹介する研究(3)は「クリスマスや忘年会など太りやすい時期でも太らない方法!」についての論文を紹介します!

 

「程よい肉がついてた方がモテる」なんて言いますが、ズボンにおなかの肉が乗ってるのは程よい肉ではありません!脱いでも恥ずかしくない体型を目指しましょう!

研究内容

バーミンガム大学の2018年の研究で、18歳以上272人を対象に無作為化対照試験をしました。実験は11月と12月で1月と2月に計測して2カ月間の介入でどのくらい変わるんだろうってことを調べました。

 

介入組は

などをやってもらって、目標はベースラインの0.5㎏以下にしました。介入の狙いは食事制限です。

 

比較組には健康的な生活に関するリーフレットを配っています。

体重に変化はあったのか?

平均して介入組は-0.13㎏、比較組は0.37㎏体重が変化してました。つまり、約0.5㎏の差が生まれたということになります。

 

別の研究(1,2)では特別な休日などで0.4~0.9㎏体重が増加することが解ってるので結構効果が出てるんじゃない?と思います!

 

「な~んだ、そんなもんか笑」と思う人もいるかもしれませんが、10年後には5~10㎏太るということになります。そう考えると無視できないんじゃないかな?と思います。

 

なんで太ってしまうかというと、原因は「摂取カロリーの増加」にあります。クリスマスは6,000キロカロリー摂取して全然運動しないよね!って研究(4)があります。

 

お酒は飲むし、おいしそうな高カロリーがおいてあったらまぁ食べちゃいますよね~。実際お酒と高カロリー食は切れない縁で結ばれてるかもしれないですからねー。

おすすめの改善方法

勿論今回の研究で紹介された体重管理もいいんですが、「正直面倒くさい」と思いませんか?

 

ということでもっと簡単にダイエットできる私のおすすめの方法を紹介します!

 

私がお勧めするのは

断食

です。

別に1日中食べるな!ってわけじゃなくて、男性は16時間女性は14時間1日の中に食べない時間を設けるだけです。あとは自由にしてかまいません。

 

私はこの断食をすでに半年以上続けていて、太るようなことは1度もありませんでした。定期的に運動してるってのもありますが、断食にもダイエット効果があるのでお勧めです!

 

なんで断食で痩せるか?って言うと単純に「摂取カロリーが減る」からです。消費カロリーより摂取カロリーが多ければその分脂肪になるし、摂取カロリーが少なければ、足りない分を身体についてる脂肪をエネルギーにして燃やしてくれます。

 

だから「断食」は痩せるのです!特になかなか落ちにくい下腹の脂肪がよく燃えるようになります!

まとめ

科学的に5%/月までが健康的に痩せられると言われています。なので70㎏の人が痩せたいと思ったら1ヶ月で3.5㎏ということですね。

 

脂肪は簡単に燃えないので急激なダイエットは意味がありません。それは水分が抜けただけですぐにリバウンドします。気を付けましょう!

2019年11月9日ダイエット

Posted by たか