運転中の疲労感や退屈感をある程度改善してくれる音楽があったかも?

2019年8月27日

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

運転 音楽

あなたは運転中にどんな音楽を聴いていますか?

 

高速道路や長時間の運転は退屈で疲労感が溜まりませんか?夜遅くの運転は眠くなっちゃうので歌いながら運転する人もいるんじゃないでしょうか?

 

私は免許を持っているものの運転する機会が少ないため、そこまで退屈だとは感じませんが、それでも運転するときは音楽やラジオをかけながら笑ったり歌ったりして運転しています。

 

そんな音楽と運転について、運転中に聞く音楽のテンポはどのくらいが一番退屈度や疲労感を抑制してくれるの?という研究を紹介します!

研究内容

実験は16人(男女8名ずつ)を対象に1日2回の2日間、計64回のデータを元に分析したとか。運転する時間はまず80分音楽なしで運転し、その後60分運転してもらいました。つまり、1回の運転は140分ということ。

 

後半の60分に関して1回ごとにこのように変化させて運転させました。

  1. 音楽なし
  2. スローテンポ(BPM42.6)
  3. ミディアムテンポ(BPM91.7)
  4. ファストテンポ(BPM122.1)

※音楽は「春の川の上の月明かり」という中国の音楽を使用アレンジも含む

 

また実験結果の信ぴょう性を高めるために

  • 十分な睡眠
  • エナジードリンクやアルコールの禁止
  • 運転時の室温に適した服の着用(ほとんどの人はTシャツ、ジーパン、ウォーキングシューズだったとか)

をするように求めました。まぁ守ったかどうかは知らないけど笑。

 

運転時の疲労感などの調べ方は、運転75分後から脳波をマークし終了時まで5分刻みで追跡し、音楽のテンポの違いは影響するのか分析しました。

 

ざっくり結果を書くと、

  • 長距離運転に一番適しているテンポはミディアムテンポ(BPM85~110)で疲労感の軽減や、注意レベルが高い位置で保つことができる!
  • スローテンポ(BPM40~70)は短距離なら効果的だが、長期間だと眠気と疲労と関連し注意レベルが急激に低下(音楽なしよりやばい)
  • ファストテンポ(BPM120以上)も短距離の運転ならエネルギッシュになり効果的だが、運転者を過剰に刺激するため長期間は注意レベルが悪化する

 

結論

  • 長距離運転のするならミディアムテンポの音楽が効果的!
  • 短距離運転ならスローテンポ・ファストテンポでもいいよ!

 

スローテンポの曲の例

  • 「卒業写真」荒井由実          BPM68-70
  • 「ハナミズキ」一青窈          BPM70-72
  • 「カブトムシ」aiko           BPM74-76

ミディアムテンポの曲の例

  • 「トリセツ」西野カナ          BPM96
  • 「365日の紙飛行機」AKB48     BPM106
  • 「SUN」星野源             BPM108
  • 「世界に一つだけの花」SMAP    BPM99

ファストテンポの曲の例

  • 「Breathless」嵐            BPM130前後
  • 「なんでもねだり」KANA-BOON BPM140前後
  • 「ヒカレ」ゆず          BPM140前後

2019年8月27日その他

Posted by たか