一時的な暴飲暴食は肥満にならない?長期的と短期的でどのくらい違うのか調べた研究!

2019年6月1日

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

暴飲暴食 肥満 糖尿病

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

肥満や2型糖尿病は日本だけじゃなくて、世界的にも増加の一途をたどっています。原因は高カロリー食品の摂取や、過剰摂取などです。あなたはよく食べていませんか?

 

食事をすると血糖値は上がり、上がりすぎないようにインスリンというホルモンが抑制してくれます。そのインスリンの働きがたくさんの病気から我々を守ってくれているわけですが、

 

過食や高カロリー食品の摂取をすることでインスリンにどのような変化が起こるのか?っていう研究(1)があったので紹介します!また、短期的に摂取するのと、慢性的に長期間摂取するのではどのように変化するのか?も調べました。

研究内容

オーストラリアにあるディーキン大学っていう大学の研究で、平均年齢22歳で健康的で痩せた男性を2つのグループに分けて実験してます。

  1. 短期的に摂取してもらうグループで、お祭りや忘年会、新年会などで過食した場合を想定したグループ
  2. 長期的に摂取してもらうグループで、約28日間過剰摂取

食事の内容はオーストラリアの典型的な食事の割合(炭水化物55%、脂質35%、たんぱく質15%)に加え、チョコレート、高カロリーの食事、ポテトチップス、清涼飲料水、などで過食してもらい、通常のカロリーより1,000カロリー追加しました。

これらを元に、体重や体脂肪量にどのように変化をもたらすのか?を調べました。

研究結果

1つ目のグループ(短期間組)の結果

  • 内臓脂肪は大幅に増加したが、体重・体脂肪量は変化なし
  • 空腹時の血糖値とC-ペプチドの変化なし
  • 空腹時の内因性グルコースのレベルは上昇(血糖値が高くなった)

これに比べ2つ目のグループ(長期間組)の結果

  • 総体脂肪および内臓脂肪の量の増加
  • 食後の血糖値およびC-ペプチド量を増加
  • 空腹時の内因性グルコースのレベルは変化なし

2つ目のグループの空腹時のグルコース量が増えなかった原因は、その体にとって過食が一般的な食事に変化したためこのような結果になったと思われます。

まとめ

一時的なものであっても高カロリー食品や過食は2型糖尿病や肥満に1歩または数歩近づく事になります。

最も太る食品ベスト3は

  1. ポテトチップス
  2. フライドポテト
  3. 加工肉(ベーコン・ソーセージ・ウインナーなど)

っていうことが解っているので、太りたくないのであればこれらの摂取は控えることをおすすめします。

 

この他にも肥満になる可能性のある寝方とか低所得な人ほど高脂肪食を食べてしまうかも?ってことが解っているのでこれらに当てはまる人はさらに注意しましょう!

2019年6月1日健康

Posted by たか