「一目惚れ」はすでに科学的に解明されている!?どんな現象なの?

一目惚れ 科学

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

あなたは一目惚れをしたことがあるでしょうか?

 

「あの人素敵!」「なんだあのきれいな人は!」と思わず見とれてしまい目が離せなくなった、的な経験をしたことがあるでしょうか?

 

そんな現象を素敵なことだと思っているでしょうか?それともよくよく考えてみると一目惚れってなんだ?と疑問視するでしょうか。

 

今回は「一目惚れ」した時どんなことが脳内で起こっているのか?ってことを具体的に書いていきます。

 

これであなたも一目惚れマスターになれます笑。

 

一目惚れって何?

まず一目惚れってなんなのってことなんですが、その字面の通り「一目見てその人に夢中になってしまうことや恋してしまうこと」を言います。


 出社しようと家を出て駅まで歩き、改札を通る。電車が来るのをホームで待ってると誰かが階段を下りてきた。足音からして女性っぽい感じがしたから何となく階段の方をチラ見する。

 するとその時!体中に衝撃が走った!

 まるで自分の意識だけがちょっと遠くに行ったみたいに頭がぼーっとした。幸福感が体中を駆け巡る。別に美人ってわけでもないが、立ち居振る舞いが何となく気になってしまって目が離せない。

 身体が妙に火照って心臓の音が大きくなる。彼女は僕の後ろに並んだ。振り返るのは不自然なので何の気もないような振る舞いをするために携帯をいじっているが、彼女のことが気になって操作がおぼつかない。

 僕は確信した。「きっと彼女は僕の運命の人なんだ!」と…。


一目惚れをした時の脳はどうなってるのか?

一目惚れをした時の彼の脳は「ドラッグ」をきめたときのように、ドーパミンとノルアドレナリンがドバドバ出ています。

 

脳をスキャンしてみると「ドラッグを決めてる時と一目惚れをしてる時はさほど変わらない」と言われてるほど似た現象が脳では起きています。

 

この現象は人だけに限らず、発情期のメスの羊にオスの羊の写真を見せるだけで脳内のノルアドレナリン濃度が上昇したことが分かっています。

 

ドーパミンは性欲が高まったときに分泌されてテストステロンの生成を促します。性欲が高まったり、肉体的に満足が欲しくなるのは「テストステロン」と「エストロゲン」のこの2つのホルモンの仕業です。

 

つまり一目惚れとは「対象のものに対して性欲が高まり肉体的満足が欲しくなる」現象ということになります。自分の子孫を残そうという本能が働いてるってことですね~。

 

実際に2006年のシカゴ大学で行われた実験では、知らない女性と世間話をしてもらうだけで、男性のテストステロン値が30%も上昇し、行動までも変化したという結果があります。

 

これは既婚者やすでに子供を授かってる人ではなく、独身者に顕著に表れていました。

 

現代では特にですが性行為を「快楽のため」に利用されることが多くなったように思えます。しかし本来の目的は子孫を残すことであり人間の絶滅を防ぐ重要な行為なのです。

 

多くの場合1年で1人しか産めないため、愛だの恋だのにうつつを抜かしていられない状態でも性行為が無くならないのは子孫を残すためだからです。

 

戦争や紛争などで生命の危機にさらされてる場所では何としても「子孫を残さねば!」という本能が働き、見知らぬ男女で行われるらしいです。

 

それがないような平和な場所では一目惚れが子孫を残す方法で最も手っ取り早い方法だったということです。一目惚れに夢を見てたかたすみません・・・これが現実です。

まとめ

一目惚れは子孫繁栄のための手っ取り早い方法

しかし現代で「あの人いいな~」と一目惚れをした人に街中でいきなりそういった行動をとると間違いなく捕まります笑。

 

良い事でもあり悪い事でもあるんですが、現代では本能を制御する理性が必要ですねー。いくら法律なんかで縛り付けてもそういった犯罪が無くならないのは人間のサガなんですよねー。

参考資料
セックスしたがる男、愛を求める女 著者:アラン・ピーズ バーバラ・ピース
amazonリンク

フォローする

恋愛 人間関係

Posted by たか