【マックに行くと4.5㎏太る!】ポテトはもっとやばい!

2019年9月7日健康

マクドナルド 太る

あなたは週に何回マックに行きますか?

  • マックに行くと太る!
  • マックのポテトはしょっぱいから少しにしなさい!
  • 不健康になるからやめなさい!

など、マックにあまり良いイメージを持たない人は一定数います。(私も不健康になる派です)しかし本当にマックを食べると太るのでしょうか?

マックを食べると本当に太るのか?

論理的に考えると一般男性の1日の総摂取カロリーは少なく見積もって約2,200㎉(人によってまちまち)、ビッグマック1つで525㎉なので4つ食べても消費カロリーを上回ることはありません。ハンバーガーなら約9個。

 

摂取カロリーが消費カロリーを超えないということは太ることはないです。要するに「マックを食べても太らない」ということになります。

 

勿論「太る・太らない」が「健康・不健康」ということではないのですが、

しかし多くの研究で「マックを食べると太るからやめなさい!」ということが証明されています。

 

では何が原因で太るのでしょうか?世代別にまとめましたので、ぜひ参考ください!

また、マックなどの不健康な食事により「どのような病気になるのか?」についてもご紹介します!合わせてどうぞ!

マックを食べると太る理由

ハーバード大学の研究(1)で16個の研究(横断研究6つ、前向きコホート7つ、実験的研究3つ)をまとめた超信ぴょう性の高いメタ分析です。

 

その研究の結果をざっくりまとめると、マックを食べると

  • 若者は太ることはあまりないが、総摂取カロリーは増加するのでいずれ太る!
  • 大人は総摂取カロリーが増えて太る!
  • 野菜や果物の摂取量が減る可能性があるため、意識して食べること!

という結果でした。

 

要するに「マックに行くと1日の総摂取カロリーが増えるから太る」ということです。

 

なぜ総摂取カロリーが増えるのでしょうか?

それは

満足度が低い!

からです。

 

「太る食べ物」と「痩せる食べ物」にあるように、同じカロリーでも食べ物によって満腹度には差があります

 

満腹度が低い食べ物ではお腹は満たされないので、たくさん食べないと満腹になりません!その結果総摂取カロリーが増え太ります。

マックのポテトは「太る食品ナンバー1」

そしてポテトは「太る食品ナンバー1」ということがわかっています。理由は前述した通り「満足度が低い食べ物」だからですし、そもそも「カロリーが高い食べ物」でもあるからです。

  • ポテト(L):534kcal
  • ポテト(M):410kcal
  • ポテト(S):225kcal

カロリー高いですね~。

またマックのポテトに関係なく、ポテチなどの「ジャガイモを揚げたもの」は太る食べ物として上位に君臨していますので、太りたくないなら食べないようにしましょう!

 

ポテト以外も同じです。ハンバーガーもナゲットもマックで売られている商品のほとんどは「満足度が低い」ため太ります。

 

要するに「マックの商品は満腹度が低いため太る」ということです。

マックを食べるとどのくらい太るのか?

10代の若者たち

前述したように、活発に運動し基礎代謝の高い10代の若者たちは基本的に太ることはありません

 

しかしマックに行っていない人と比較すると1日平均400㎉も多く摂取しています。が、それでも10代の若者はまず太らないので安心してください。

 

注意することは、

  • いつまでも同じ食生活をしているといずれ太る
  • 野菜や果物の量が少なくなる

要するに時間とともに不健康な身体になっていくから気を付けよう!ということです!

20~40歳前後

10代の頃と比べて「カロリー・脂質・塩分」の摂取量が増加します。そして年齢とともにマックの消費量が増加します。

 

どの程度太るのかというと、マックの消費量の増加と比例して体重が平均4.5㎏増加します。(15年追跡調査した結果)

 

また、週に1回増えるごとに3年で0.72㎏増加します。2回なら1.44㎏、3回なら2.16㎏太ります。

 

要するに年齢とともに肥満になるため、注意しましょう!

年齢に関係なく太っている人

太っている人はそうでない人と比較して「マックで摂取するカロリーは多い」です。

 

要するに「太っている人ほどマックに行くと太る!」という結果になり、悪循環になりますよ!ということです。

マックを食べるとどんな病気にかかりやすくなるのか?

「太るだけならいいや」と思ってるかもしれませんが、勿論それだけではありません!

不健康の代名詞である「肥満」は病気の入り口と呼ばれています。肥満は

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高血糖
  • 痛風

などを発症しやすくします。

そして糖尿病が進むと合併症として体中の細かな血管が壊れていきます

  • 目の血管が破壊されれば「失明
  • 臓器なら「不全

腎臓不全になれば体内の毒物を体外に出すことが出来なくなるため、毎日病院に通うようになります。足などが腐れば、最悪切断する羽目になります。

 

またこの他にも「マックに行くと腸内細菌が70%以上も死滅する」なんてことがわかっています。

 

腸内細菌が死滅すると「リーキーガット症候群」という日常生活がままならなくなり、「生きているのが辛くなるくらいの重篤な病気」にかかるリスクが高くなることがわかっています。

 

「不健康な食事」を甘く見ていると「死んだ方が楽」という人生を送ることになります。注意しましょう!

 

要するにマックに行くと

  • 失明
  • 足を切断
  • リーキーガット症候群(腸に穴が開く)

といった不健康な身体になるということです!

まとめ

  • 若者は肥満になることはまずないがいずれ太る
  • 大人は太りたくないなら我慢!
  • 野菜や果物の摂取量が減る可能性があるから意識して食べましょう!

と言ったところでしょうか。

 

年齢が高くなるほど太るのは「消費カロリーの減少」が要因にあります。10代の頃は筋肉量が多いため消費カロリーが高いのですが、おじさんおばさんになると運動しなくなるため筋肉量が減っていることが原因だと思います。

 

ですので、ダイエット中に食べるのはもちろんあり得ませんし、ダイエット中でなくても食べるべきではありません。

 

私は小さい頃から数年前まで鼻炎持ちで相当苦しんでいました。勿論マックやカップラーメンなどの不健康な食事が大好きで、進んで食べていました。

 

しかし自分の身体を大切にするため、数年前から不健康な食事をなるべく断ち切りました。結果十数年間ずっと悩まされていた鼻炎が嘘のように無くなりました。

 

不健康な食品は日進月歩しています。どれも魅力的でつい食べたくなります。そんな誘惑に負けたくない人はこちらを参考にしてください!

ダイエットしたくなった人は「科学的に効果が証明された」こちらの方法をお試しください!

 

またほかにも、「マックの看板を見ただけで時間に追われる」ようになり、

  • 仕事ではつまらないミス
  • 人生においては幸福感が減少

することがわかっています。合わせて気を付けましょう!

 

参考になったと思ったらぜひTwitterなどで拡散お願いします!

2019年9月7日健康

Posted by たか