世帯収入の違いが結婚の満足度を変える?源田選手と衛藤さんはどうだろうか・・・

2019年10月24日

結婚 源田さん 衛藤さん

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

今日?昨日?まぁそこらへんの詳しいことは分かりませんが、今年の4月に交際がスタートして約半年、一部のスポーツ紙が勝手になのかは分かりませんが、本来予定してたより早い発表になったことを衛藤さんのインスタグラムでつぶやかれました。

 

この部分についてメディアにいろいろ言いたいことはありますが、ご結婚おめでとうございます!どうか幸せに!と言葉を贈らせていただきます。

 

今回は別にメディアにどうこう言うような内容ではなくて、源田さんと衛藤さんの結婚生活の幸せを願って結婚が長続きする方法について書いていきます!

 

どうせ結婚するならやっぱ幸せな家庭を築きたいと誰もが思ってることなんじゃないかなと思うので、それについて研究した論文(1)を紹介します!

研究内容

カリフォルニア大学ロサンゼルス校による2017年の研究で、世帯収入の違いによって結婚満足度が変わったりするのってことを結婚初期の人を対象に調べています。

 

また、満足度が低い人や低くならないためにはどうしたらいいのかってことも一緒に調べています。

 

今回と同じような研究は世界で数多く研究されて発表されているんですが、具体的な世帯収入について追及されてる研究が少なくて、あっても小規模のものばかりで信ぴょう性はあまり高くありません。

 

あったとしても対象者がすでに結婚して何年も経ってたり、子供もいるような状態が多く、結婚初期段階については調べられていません。

 

今回対象となったのは433組(866人)でヒスパニック332組、黒人51組、白人50組で、実験当初の結婚期間は4.8カ月と結婚して間もない人らでした。男性の平均年齢は27.9歳で女性は26.2歳。平均世帯収入は57,000ドルでした。

 

調査期間は4年間で、それまでに55組が離婚しました。調査回数は全部で5回で、最初の4回は直接自宅に行って結婚満足度についてのインタビューをしてデータを収集し、5回目は電話で行いました。

 

聞いた内容としては

  • 一緒に過ごした時間の満足度はどうか
  • パートナーをどのくらい信用してますか
  • 学歴はどうか
  • 移民した人ですか
  • 生年月日

調査方法はインタービューが主だったので自己申告でこのようなことを聞きました。

研究結果

  • 高所得より低所得の人らは子供を持つ可能性がかなり高かった
  • 学歴が低い・年齢が若い人らは低所得とかなり関連していた
  • 結婚開始時の結婚満足度は所得と関係なく高い水準だった
  • 4年後でもそこまで結婚満足度は減少しなかった

という結果でした。

 

つまり、今回の研究結果は結婚初期段階なら所得が低かろうか高かろうが結婚満足度にさほど影響はないよ!ということでした。

 

その後については今回の研究の管轄外なのでこれ以上はありませんが、別の研究(1)によると低所得の方が離婚しやすいことが分かってるので、そこらへんは気を付けた方がいいんじゃない?ってことが解ってます。

 

離婚の原因はやっぱり「収入」にあります。収入が少ないと衣食住に制限がかかってしまい知らない間にストレスが溜まります。また、収入を増やそうと仕事を複数持つようになると、お互いの関係を深める時間が奪われるため結婚生活に疑問を抱くようになります。

 

その結果パートナーとの関係性がだんだんとぎくしゃくし、結婚満足度が減少して最終的に離婚してしまします。

 

じゃあどうしたらいいのってことなんですが、「お互いに協力する」ことが一番です。問題解決のために話し合い協力することで結婚満足度が上がり、結婚が長続きします。また、2人でダメなら第三者の意見も取り入れることで問題解決がはかどります。

 

やっぱりお金について一番不安になるので、それについてどうしたらいいのかってことを話し合うのが一番ですね。

 

現代では個人が世界に気軽に発信できる媒体がいくつも存在しています。「お金がないなら頭を使え」です。お金がある人と同じことをやってもどうしても資金力で負けてしまいます。

 

お金がない人や個人が出来ることとしては、頭を使って工夫することです。小回りが利いて俊敏性があるのでその点においては大企業に勝てる強みです。駄目だと思ったらすぐに引けば何ら問題ありません。不安で行動できないなら何が不安なのか考え、1つずつつぶしていきましょう!

 

 

源田さんと衛藤さんらの世帯収入はものすごく多いはずなので低所得の心配はありませんが、別の研究では高所得な人ほど共感能力が低いという結果もあるのでその点だけは頭の隅に入れとくといいかな~と思いました。ちゃんちゃん♪

フォローする

2019年10月24日恋愛 人間関係

Posted by たか