今年こそは達成できる!科学的に証明された新年の目標の立て方!

2020年1月1日

目標 新年

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

明けましておめでとうございます!どうぞ今年もよろしくお願いします!

 

ということで2020年がスタートしましたね!どうですか?今年の目標とか立てたりしましたか?

  • 10㎏痩せておしゃれな服を着る!
  • 今年中に起業して会社を持つ!
  • 彼氏彼女を作って順風満帆な生活を送る!
  • ハーフマラソンを完走する!
  • 志望校に受かる!
  • たくさん旅行に行く!

人それぞれの目標があると思いますが、ここで質問です。

 

新年の目標を達成したことはありますか?

 

おそらく去年もおととしも、今ではすっかり忘れてしまった目標を立ててたんじゃないでしょうか?
そして1ヶ月も持たないで自然消滅していったのではないでしょうか?

 

なんの工夫もなく、目標を立てたところで今年も同じ結末を迎えるのは見えています。

 

なので今回は「科学的に正しい新年の目標を達成するための5つの方法」をご紹介します!今年こそは自分が立てた目標を達成しましょう!

目標を達成するための目標設定方法

アメリカにあるヒューストン大学らの研究(1)で、参加者はハワイのホノルルに住む55歳以上の男女43人が対象でした。

 

で、

  • 運動する組
  • 野菜や果物を食べる組

の2つにランダムで別れてもらい、目標の立て方の違いで健康的な行動が増加したのか?ってことをリッカート尺度ってのを使って調べました。

 

リッカート尺度ってのは、アンケートなどでよく使われる調査方法で提示された質問に回答者は「合意できる・出来ない」で答えてもらうっていう方法です。今回は0~5の6段階で回答できるようになってます。

0がそもそも目標を立ててない。5が強く同意するって感じ!

 

先に言います!運動組には効果がありませんでした!なので野菜・果物組について進んでくつもりで読み進めていって下さい!

 

その結果5つの特徴が解りました。

・・・の前にどのくらい野菜や果物を食べる量が変化したかって言うと、目標を立てる前は1日に平均420gの野菜や果物を食べてなかったが、目標を立てたことで1日に平均600gも食べるように変化しています

 

つまり目標を立てることで健康的な食事を持続することができる!ということがまず解りましたね。

 

ということで目標を達成するための5つの特徴を紹介します!

 

※今回の研究は55歳以上が対象であったため、運動するぞ!という目標設定が意味なかっただけであり、55歳未満の人に同じことが言えるとは限らないのでそこら辺をご了承くださいな。

新年の目標を達成するための5つの特徴

1つ目:具体性

リッカート尺度:1.1が3.1に変化

つまり具体的であることが目標達成の礎になるということ。

皆が目標を立てるときにやりがちなのは

  • 10㎏痩せる!
  • 起業する!
  • 彼氏彼女を作る

と言った感じでかなり漠然とした目標を立てているということです。

  • 運動?食事?なにで痩せるの?いつやるの?
  • どんな業種で?資金は?従業員は?
  • 合コン?出会い系サイト?知人の紹介?

人は具体的に解ることや簡単なことから順番に行動するので、漠然とした目標ではいつまでたっても行動できずに終わってしまいます。具体的な目標はモチベーションに繋がります。

 

なので「目標は具体的に!」5W1Hをしっかり設定しましょう!

2つ目:難易度

リッカート尺度:0.7が1.6に変化

つまりそこまで難しくなく、とっかかりやすいと感じるくらいがベスト!ということ。

  • 月収100万円!
  • 1週間で5㎏痩せる!
  • 毎月海外旅行する!
  • 社長になる!

・・・と言った難易度が高い目標を立てることはNGということです。

 

目標設定理論っていうのがあってその1部では「困難な目標ほどパフォーマンスが向上する」と書かれています。

 

しかし別の研究では「達成できなかったことで自己嫌悪に陥る可能性がある。」「行動に移せなくなる。」などと言った研究もあります。

 

なので自分がギリギリ達成できそうなレベルの難易度が一番じゃないかと思います!達成できたときはちゃんと達成感が得られるし、空を見上げるほど難易度が高いわけではないので、精神的にも取り掛かりやすいと思います!

 

もし意外と簡単に達成できそうであれば、その都度目標を変更すればいいので結構気楽に出来ると思います!

3つ目:努力

リッカート尺度:1.2から4.0に変化

つまり努力しよう!ってことですね。まぁそりゃそうですよね笑。「変わろう!」って思って実行するってことは、努力しないと達成できないですもんね・・・笑。

 

勿論習慣化されて感情が無くなれば「努力する」ってこともなくなるんですが、感覚的には「努力するために難易度の設定を工夫する」「努力しやすいために具体的な目標を立てる」と言った感じですね。

 

なので「努力するために他の4つの特徴をうまく使う」って感じですね~。

4つ目:コミットメント

リッカート尺度:1.5から4.1に変化

つまり「愛する家族のため」「会社のため」と言った気持ちが大事!ということです。

 

誰かのためという理由が+@で付くことで「やる気がアップ」するということが解っています。

  • ダイエットして痩せて健康的な身体になれば妻は喜んでくれる
  • 稼ぎを多くすることでお金に余裕が生まれて親孝行ができる
  • 会社全体で溜まってる仕事をやることで部下も助かるし上司も機嫌が良くなる

のように「目標を達成するために努力することが誰かのためになる」という考え方をすることで目標を達成できる可能性が高まる!ということです。

 

別に人でなくても「飼ってる猫ちゃんが喜んでくれる」とかでモチベーションが上がるなら結構だと思います!

5つ目:持続性

リッカート尺度:1.5から4.2に変化

つまり習慣化することで目標を達成できる可能性が高まる!ということです。

 

目標に立てることって「意識的に行動しないと改善できないこと」を立ててると思います。

ダイエット、運動、食生活、仕事、どれも正直やりたくないことだけど、やったら良いことがその先に待ってるからやってみよう!って感じで始めると思います。

 

どんなことも進む方向さえ間違ってなければ続けていれば成功します。

 

しかし持続できないと成功することも成功しないで終わってしまいます。なぜ持続できないかと言うと「習慣化出来てない」からです。

 

習慣ってのは大体60~難しいものだと250日くらいで習慣化出来ます。

 

なにが良いかと言うと、習慣にすることで「苦しいと思ってたダイエットも続けることが出来る」ようになるし、運動も食事も仕事も最初は辛いと感じるけど、習慣にしていくことで感情が無くなり続け易くなっていきます。

 

もし難易度をギリギリに設定したけど続けるのが難しそうだったら「だれでも出来るような簡単なこと」に変更して続けてみましょう!続けることが大事です!

 

そしてだんだんと難易度を上げていって最終的に目標が達成できるレベルにもっていきましょう!
1日目は英単語1つ覚える、1か月後には1日5個、半年後は1日20個みたいな感じです笑。

まとめ

  1. 具体性
  2. 難易度
  3. 努力
  4. コミットメント
  5. 持続性

以上5つが新年の目標を達成するための大事な特徴です!

 

今回の研究は小規模で自己報告だったので信ぴょう性が高いかと言われたら何とも言えないですが、お金もかからないし自分1人で手軽にできる方法なのでぜひやってみて下さい!

 

その他の年末年始に関する記事はこちら↓

2020年1月1日心理学

Posted by たか