子供に「お金」の勉強を正しく教える方法が意外だった!!~科学的根拠~

2019年7月24日

お金の勉強 子供

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

あなたに子供がいる場合お金についてどのように学ばせるでしょうか?

 

情報社会になった今でも子供はパソコンがいきなり使えるわけではないため、一番の情報源は親や親戚にあります。

 

お金についても一番の学びどころは親からであり、親はしっかりとお金について教育しなければいけません。特に日本の教育課程にお金について学ぶような授業が無いため親はしっかりと教育しなければいけません。

 

しかしどのように教育をしたらお金の使い方がうまくなったり、お金に困らない生活をさせてあげれるのかいまいちわからないのではないでしょうか?

 

そんな悩みをアリゾナ大学(1)は解明してくれたかもしれません。

研究内容

115人の両親や祖父母を対象にお金について子供にどのような教育をしたかをインタビューしました。

 

どのような教育をしたのか、その教育はどのくらい子孫にしっかりと共有されているのかなどのインタビューをしました。

 

つまり、どんな教え方をすれば無駄遣いをしたりお金の使い方が荒くなったりしないのか?ってことを、うまく教育できた家族はどんな教え方をしたのか?ってことを調べたよ!ってことです。

科学的に正しい「お金」の教え方

約83%の参加者が寄付がいかに重要であるかを持ち出しており、その動機が宗教的義務・他人を助けたい願望・恩返しをしたいという願望などの動機があるということを説明しておりました。

 

そして実際に困っている近隣の家族にプレゼントを贈っている姿や、ホームレスの人に食事を与えている姿などを、子供の目の前で示している家族ほど子供に良い教育が施されており共有されておりました。

 

つまり親が子の目の前で募金をしたり、困ってる人を助けるためにお金を実際に使って見せることで子供に良いお金の教育ができるよ!ということでした。

研究者ら曰く

「子供に金銭について学ばせるときにはいくつかの理由が重要です」

 

「予算の編成や、節約など子供が金銭の基本を学ぶことはいい方法です。例えば、大きな瓶を用意しお金を貯める姿を見せることは節約について学ばせる良い理由になります。」

 

「そしてその中の一部が寄付に向けられたら予算について学ぶのに良い理由になります。」

まとめ

お金について学び他人を助けるためにお金を寄付したり、お金でなくても他人を助ける行為は、幸福感を高めてくれます

 

また、子供に一番いい影響を与える方法としては、慈善事業などに参加させることです!そうすることで言葉だけでは伝わり切れない部分を伝えることができ、子供にいい影響を与えます。

その他のお金についての記事はこちら

2019年7月24日お金

Posted by たか