気温(車内の)が寒くなると交通事故が増えるの?減るの?についての研究

2019年10月17日

気温 交通事故

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

台風が過ぎ去り日本全体で一気に気温が下がり、やっと秋って感じがするようになりましたね。特に被災者の方々はお身体は大丈夫でしょうか?気温の変わり目は身体がついていけず、体調を崩す可能性が高くなると言われてるので十分に注意して下さい。

 

一刻も早い復帰を祈っています。もし寄付したいけどどうやったらいいのかわかんない!って人はヒカキンさんが実際に寄付しながら教えてくれてる動画があるので、それを参考にすればわかると思います。

 

昨日発表があった「スノボの平岡卓選手がひき逃げ容疑」というニュースがありましたね。内容については深く掘りませんが、飲酒していた可能性もあるということです。勿論まだ確定じゃあないので本当かどうかは知りませんが・・・

 

今回紹介する研究(1)は交通事故についてで、車内の室温によって交通事故を起こす可能性って変わるの?ってことを調べた研究になります。

 

これから季節が冬になっていき、どんどん寒くなります。果たして室温の変化で交通事故が起こる可能性が変わるのでしょうか?

研究内容

クレムソン大学の研究で、44人を対象に寒冷によるストレスが運転中の

  • 注意力
  • 手先の器用さ
  • 警戒度

などについてどんな影響を与えるのかな?ってことを車両を追従してもらいながら調べました。

研究結果

  • 主観的な寒さの評価が高いほど、前の車がブレーキをかけた後にブレーキをかけるタイミングが0.82秒遅い
  • 追従中に一時停止標識がある時2.35秒遅くブレーキをかけた
  • 注意力・手先の器用さ・警戒度などについては影響しなかった

という結果になりました。

 

つまり、寒い中運転すると全体的にブレーキを踏むタイミングが遅くなるよ!ということでした。これすなわち追突事故を起こす可能性が増えるということになります。

 

これからどんどん寒くなってくので、ブレーキを意識的に早く踏むようにしましょう!そうすることで事故は減ります。事故して損するのはあなたなので自分の身は自分で守りましょう!

 

その他に長距離運転の時の退屈感とか疲労感を和らげてくれる音楽があるかもよ!っていう研究もあるのでどうぞ!

2019年10月17日その他

Posted by たか