お店の口コミ・評価は天候によって容易に変わるの!?という研究

2019年5月28日

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

口コミ 天気

こんにちは、こんばんは、たかです。

私は友人と外食に行き席にアンケートがあるとコメント欄は面白半分に答えています。

面白半分答えてはいますが、

  • 味はどうだった
  • 接客はどうだった
  • 店内は綺麗か
  • 料理の提供スピードはどうだったか

などは割と真面目に答えています。まぁ日本にあるお店はどこもしっかりとしているのでほとんどが高評価なのですが、

 

実は人の評価は天候によって変化しているかも!?という研究(1)がありました。

研究内容

オハイオ州立大学がフロリダ州の32軒のレストランを調査し、天候によって寄せられるお客からのコメントがどのように変化するかを調査しました。

研究結果

雨が降っていなかった日よりも雨が降っていた日の方が、コメントカードに否定的な発言が多く寄せらていることが解りました。

 

つまり、天気がいい日には「おいしかった」「また来るね」などの読んで嬉しい内容が書かれることが多かったのに対し、雨が降っている日では「接客が良くなかった」「料理が来るのが遅い」などの批判するような内容が多くなったという事です。

 

どのくらい違いが出たかというと、雨の日とそうでない日で約2.9倍の差がありました。これってかなり違いますよね?

 

つまり雨でない日に100件中10件の批判的なコメントがあった場合、雨の日だと100件中30件が批判的なコメントであるという事になります。

 

まぁだから何だって話かもしれないけど、意外と口コミってあてにならないかもね?って話でした。

研究者らの声

オハイオ州立大学のホスピタリティマネジメントの助教授を務めるMilos Bujisicは「レストランは天気をコントロールすることはできないが、天候は顧客がレストランをレビューする方法に影響を与える可能性がある」と述べております。

2019年5月28日その他

Posted by たか