ラグビーを始める人、やってる人はこれらに注意しないと危ない!!という研究

2019年10月20日

ラグビー ワールドカップ

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

今まさに日本対南アフリカが行われているわけですが、途中結果はどちらが勝ってるでしょうか?日本は1度南アフリカを倒していることもあってリードしてるのでしょうか?

 

それとも南アフリカが何らかの対策をしていてリードされてるのでしょうか?まぁどちらにしてもかなり注目を集めてる試合なんじゃないかなと思うんですがどうなるんでしょうね~。

 

ラグビーワールドカップが日本で開催されてることもあり「これをきっかけにラグビーをちょっと始めてみよっかな?」と思ってる人もいるんじゃないかなと思って書き始めたわけですが、どうでしょうか?

 

今まで日本ではラグビーがあまり注目されてなかったため、今回のワールドカップでかなり日本に影響があるんじゃないかな~と思ってる次第なんですが・・・

 

ラグビーという競技はどうしても巨漢と巨漢がボールを取り合うためぶつかり合います。その結果痛い思いをしたり、最悪けがをして退場するくらいの重度のけがを負う可能性がある競技です。

 

多分サッカーとかテニスとか、バトミントンなんかよりはるかにけがをする可能性が高いんじゃないかなと個人的に思ってるわけですが、

 

今回紹介する研究(1)は、そんな疑問を解決するような内容です!これからラグビーを始めようと思った人はどんなことが起こるのかを一緒に学びましょう!

 

研究内容

ラグビー・フットボール・ユニオンのコリン・W・フラー博士らの研究で、2015年のラグビーワールドカップを対象に

  • 負傷の発生率
  • 重症度
  • ポジションによる違い
  • 負傷を招く出来事

などを7週間にわたって分析しました。

 

この他にもけがをした選手の

  • 年齢
  • 身長
  • 体重
  • ポジション

とかとにかく細かく分析してどんな傾向にあるのかな?ってことを調べました。

研究結果

試合数は全部で48試合あって、時間で換算すると約1,920分という時間を対象に行われた結果です。母集団は全部で639人でした。

全体

  • 173回負傷しており、そのうちの20人は2回以上負傷していた
  • 選手生命にかかわる負傷は1度もなかった
  • 体重・年齢・身長などは負傷するかどうかと関連しなかった
  • 前半後半も負傷と関連しなかった

といった感じでした。

ここからはランキング形式で書いていきます。

ポジション別 けがの発生度

  1. インサイドバック(100.4)
  2. スクラムハーフ(93.8)
  3. アウトサイドバック(88.5)
  4. バックロー(85.9)

という結果で、どちらかというとフォワードの人たちよりもバックスにいる人たちの方がけがをする可能性が高いということが分かりますね。

ポジション別 けがの重症度

  1. セカンドロー(54.5)
  2. インサイドバック(43.3)

の2つがダントツで値が高い結果でした。

けがの位置

  1. 下肢(55.5)
  2. 頭・首(22.5)
  3. 上肢(12.1)

という結果でしたが、部位別にみると

  1. 頭・顔(22.0)
  2. 膝(16.2)
  3. 太もも後部(10.4)

で、主にタックルされる場所や振動により、頭とか太ももとか膝あたりにけがをするらしいです。

けがの種類

  1. 肉離れ・筋挫傷・痙攣(23.1)
  2. 捻挫・靭帯(23.1)
  3. 脳震盪(13.9)

ということで、筋肉を酷使することで、筋肉関係のけがが起こりやすいということでした。おもな原因は下記のとおりです。

けがの原因

  1. タックルされた(24.7)
  2. タックルした(21.2)
  3. 走った(18.2)
  4. 衝突時(17.1)

という結果で、やっぱり選手同士が接触した時が一番けがの原因であるということでした。

まとめ

また2007年、2011年のデータと比べるとけがの重症度が増加してることも分かっています。その結果試合中の退場数が多くなっていて昔より危険なスポーツになってるように思われます。

 

もしこれからラグビーを始めるもしくはすでにプレイしてる人は、これらの危険性があることを十分に理解した上で準備や対策をしましょう!

 

その他ラグビーに関しての記事はこちらです。↓

ラグビー観戦に限らずあるCMや広告は子供に悪影響があるらしい…

ラグビーなどのスポーツ観戦すると不健康になるらしい・・・

ラグビーやワールドカップをいつもより楽しく観る科学的正しい簡単な方法を紹介!!

2019年10月20日その他

Posted by たか