あなたが睡眠不足なのは実はこれが原因だったのかもしれない・・・わずか1週間で改善するよ!という研究

2019年7月11日

睡眠不足 スマホ パソコン

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

あなたは1日にどのくらいスマホやパソコンを使ってますか?

 

最近の研究によると、夕方や夜にスマホやパソコンの光にさらされることで、体内時計、副交感神経、睡眠ホルモンであるメラトニンなどに影響を与え、睡眠時間の質と時間が低下することが解っています。

 

簡単に言うと睡眠不足になるよっていうことです。

 

更に慢性的な睡眠不足は心疾患のリスクが上がりわずか16分短いだけでも認知機能やストレスが増加することが解っています。

 

その他にも疲労感集中力低下肥満にもなるよってことが解っています。

 

そんな睡眠不足について、今回紹介する研究(1)は、スマホやパソコンの使用時間を減らすことで、睡眠不足をわずか1週間で改善してくれるよ!という内容です。

 

もし睡眠不足の原因が「スマホやパソコンの使い過ぎ」なら、わずか1週間で睡眠の質が変わると思います!

研究内容

オランダ神経科学研究所らによる研究で、10代の子を対象に行っています。スマホやパソコンを1日4時間以上使用している人と、1時間未満の人を集めて寝る時間や起きる時間を調査しました。

 

また、4時間以上使用しているグループにブルーライトカットの眼鏡を装着してもらい、改善するのかどうか?を評価しました。

研究結果

1日1時間未満のグループの10代の子供と4時間以上の子供を比較したところ、1時間未満の子供の方が平均して30分早く寝て起きていました

 

そしてブルーライトをカットする眼鏡を付けるとわずか1週間で20分改善しました。

研究者ら曰く

「ここ最近で青年たちの睡眠を妨害する機器の使用率が増えており、思春期の睡眠障害と遅発性睡眠の発症は少なくてもこれらが一因であるのではないか?と考えている」

とのこと。更に、

「今回は青年を対象に行ったが、別の年齢層でも同じような結果になるのかこれから調査していきたい」

とのことでした。

まとめ

私は「ブルーライトカットは全く意味がない」と思っていたため、今回の研究結果に驚きました。と言っても小規模な研究だったため、十分に覆る可能性があるのではないか?と思っています。覆らない可能性もあるけどね。

 

またブルーライトをカットしなくても、スマホやパソコンの使用する時間を朝にずらしたり、短くすれば改善する話なので、そこまでブルーライトカット眼鏡にこだわらなくていいのではないか?と思います笑。

フォローする

2019年7月11日睡眠

Posted by たか