睡眠不足を改善するお風呂に入る時間と温度を科学的に解明

2019年9月12日睡眠

睡眠不足 お風呂

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

睡眠不足の原因はたくさんあってストレスだったり、スマホやパソコンの光の影響だったり、寝室にテレビがあることが原因だったりいろいろあります。

 

一般的には1日の睡眠時間が7時間未満だと睡眠不足と言われていてそのうち夜間の睡眠は9/10を占めていることが条件です。しっかり寝てますか?

 

そんな睡眠不足について簡単にできる方法を紹介してる研究(1)があったので紹介しますね!

 

研究内容

テキサス大学オースティン校の研究で、睡眠不足を改善するお風呂やシャワーの温度や時間を研究した5,322件の研究をレビューした研究で、いわゆるメタ分析ってやつです笑。

研究結果

一番睡眠不足を改善できた入浴方法は“就寝の90分前で、温度は40~43度(摂氏)くらい”がベストであることが解りました。

 

具体的にどのくらい良い効果があるかって言うと

  • お布団に入って寝るまでの時間が10分早くなる
  • 睡眠の質も高くなる(眠りが深いということ)

という結果でした。睡眠の質が高いっていうのは、レム睡眠ではなくノンレム睡眠の時間が長いと思っておけば間違いないでしょう。夢を見るのはレム睡眠。

 

この他にも睡眠の質を良くしたり、寝るまでの時間を早める方法いくつかあります。寝る前にやっちゃいけないこととやっていいことが書いてあるので参考にどうぞ!

2019年9月12日睡眠

Posted by たか