笑顔は人々を幸せにしてくれるのか?というメタ分析

2019年5月5日

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

笑顔 幸せ

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

幸せだから笑顔になるor笑顔だから幸せになる

 

あなたはどちらだと思いますか?

研究内容

テネシー大学やノックスビル大学などの研究者による共著で、表情が人々に表情に応じて関連する感情を感じさせることができるかどうか?という問題を50年近くのデータをテストして調べた研究(1)があります。

 

世間的には笑顔でいれば幸せになるんじゃないか?ってことを言われたりしていますが、心理学者は100年以上にわたってこの考えについて反対してきました。

 

つまり心理学的には「笑顔を作ったところで幸せにはなれない」と言ってました。

 

しかしこれらの意見の相違は、2016年に17チームの研究者がよく知られている実験を再現することに失敗したときに、ようやく幕を下ろしました。

 

この意見の食い違いを無くすために研究者らは、世界中から11,000人以上の参加者をテストする138の研究を分析しました。いわゆるメタ分析ってやつですね。

結果

  • 表情は感情に与える影響はわずか
  • しかし確実に表情は感情と関連している

ということが解りました。

 

つまり、笑顔でいれば多少は幸せを感じることが出来るし、しかめっ面をしていれば怒りやすくなるし、悲しい顔をしていれば多少は悲しくなるだろうけど、微々たるもんだよ!ってことでした。

研究者らの声

「これらの発見は心と体がどのように相互作用して私たちの意識的な感情の経験を形作るかについての手掛かりを提供するので、非常にいい研究であった。私たちは顔のフィードバック効果が感情とどのように機能するかを理解するために、学ぶべきことがたくさんがあります。」

とのことでした。

2019年5月5日幸福

Posted by たか