お財布に優しいお菓子の「食べすぎ」をあっという間に簡単に防ぐ方法!

2020年3月6日

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

食べすぎ

私は今でこそお菓子を食べなくなりましたが、2年ほど前までは「デブが食べるもの」と言ったらでおなじみの

  • ポテトチップス(大容量)
  • コーラ(2L)

をよく食べていました。

 

運動はしていたし、代謝も良かったので太りはしなかったのですが、トランス脂肪酸塩分など、今覚えば恐ろしいほどに食べていたなと身の毛がよだちます。

 

そんなスナック菓子などのお菓子を「ついつい食べすぎてしまうな~」と思うことはありませんか?もちろんお菓子だけではなく、冷凍食品カップラーメンなどもですが、

「このくらい食べたらやめよう!」や「あと1個で終わりにする」と決めても、おいしいくて「もうちょっと・・・」と食べすぎてしまうことはないでしょうか?

 

【衝撃】メニューを見ただけで「あなたは太る!?」対策は?で紹介している方法で「食べすぎを防ぐことは出来ますが、

 

今回は「買ってくる時点で食べすぎを簡単に防ぐ方法」をご紹介します!

 

本当は買わないことが一番なのですが、いきなり買わないという選択が出来るわけではないと思います。しかも安上がりです!

どうぞ参考ください!

「食べすぎ」をあっという間に解決する方法

それは

小分けのものを買う!

です!

 

大容量」や「お徳用」と書かれている方が魅力的だし、何より単価が安いように感じるので買ってしまいがちだと思います。

 

しかし「大容量」や「お徳用」を買ってしまうと「食べすぎる」ということがわかっています。一体どういうことでしょうか?

大容量を買うと食べすぎる!?

これは肥満体の人を対象に行われた実験で明らかになりました。

 

被験者にはクラッカーを食べてもらうのですが、

  1. 小分けにされている(1袋100kcalを4袋)
  2. 小分けにされていない(1袋400kcal)

をランダムでどちらかを渡したところ「小分けにされているクラッカー」を渡された被験者は「小分けにされていないクラッカー」を渡された被験者より、摂取カロリーが25%も少なかった!ということがわかっています。

 

要するに「大容量」を買って食べるより「小分けにされている」ものを買って食べる方が摂取カロリーが少なくなって「食べすぎを防ぐということです。

なぜ摂取カロリーが減るのか?

1つに心理的な問題があります。

小分けにされていると次を開けるときに「食べようかな・・・どうしようかな・・・」と考えます。「お夕飯が食べれなくなる」「これ以上食べたら太る」と考える時間が出来るので、大容量より少ない量でストップすることが出来ます。

 

そして「面倒くさい」というのもあります。

例えば:次のお菓子を食べるには、暖房の効いていない極寒の台所に行かなければいけない

という状況だった場合「面倒だからいいや」となります。

 

しかし大容量では取りに行く回数は1回で済むので食べすぎてしまいます。

出費も抑えることが出来るよ!

買わないことが一番の節約ですが、以上のメリットを踏まえると「小分け袋」がいいということがわかると思います。

 

更に感覚的には「大容量」や「ビッグサイズ」のほうがお得感がありますが、

を比べてみると、お徳用は‭約2.93円/1gで小分けは約1.92円/1gと、なぜか「小分けのほうが単価が安い!」という結果でした。意外ですね。

 

かっぱえびせん堅あげポテトなどは調べていないのでご自身で調べていただければと思います。

 

が、お得だと思っていた「大容量」が実はお得ではなかったと分かれば、もう買う動機は見つかりませんね!

 

食べる量も少なくなるから消費も少なくなって更に出費を抑えることが出来ますし。

まとめ

「食べすぎ」を抑える方法は他にも

で紹介していることを全部「やらない!」ことが改善につながります。し、

で紹介している方法を使えば「食べすぎ」を防ぐことは出来ます。

 

他にもありますが、おいおい紹介していきますので是非「参考になった!」と思ったらTwitterなどで拡散をお願いします!


参考文献
あなたはなぜ「カリカリベーコンのにおい」に魅かれるのか: においと味覚の科学で解決する日常の食事から摂食障害まで

2020年3月6日ダイエット, 健康

Posted by たか