電子タバコ(アイコスなど)の更なる脅威が発覚した!!これでも電子タバコは害が少ないと言えるのだろうか・・・

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

電子タバコを吸っている若者

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

世界中で広く流行している「電子タバコ」あなたはどのように考えているでしょうか?

  • 害が少ない?
  • そこまで健康に被害が出ない?
  • 周りにも優しい?

もしそんな事を言っているのなら全くの見当ハズレです!

 

電子タバコによく使用されているフレーバ(特にメントール、シナモン)はそれだけで心血管疾患のリスクが上がることが解っているし、

普通の紙巻きたばこと比較しても、身体に悪影響を及ぼす成分13種類中10種類に大差が無いか紙巻きタバコより悪影響を及ぼしていることも解っているし、

紙巻きたばこでは発見されていない肝機能への影響もあることが解っています。

 

つまり「電子タバコだから安心!」というわけではありません。

 

そんな電子タバコについて今回紹介する研究内容は、ニコチンの入っている電子タバコの蒸気は粘膜線毛機能不全のリスク増加に関連しているという内容です。

 

粘膜線毛機能不全とは何なんだ?と言うと、呼吸をすると少なからず気道に細菌や異物が入ってきます。

その異物や細菌を取り除いて気道を綺麗に保ってくれるのが線毛で、この機能がうまく働かなくなると、たん喘息が出るようになり、慢性閉塞性肺疾患や難病である嚢胞性線維症(のうほうせいせんいしょう)になる可能性があります。

 

研究内容

一度も紙巻きたばこを使用していない若い電子タバコ使用者を対象に、紙巻きたばこ同様慢性の気管支炎のリスク増加と関連しているのか調べました。

研究結果

見事に慢性気管支炎の発症リスクの増加と関連していました

 

また、電子タバコを使用したパフォーマンスが海外で流行していますが、ニコチンが含まれているものでやっている場合、使用者が思っているよりも身体に害を及ぼしているため注意する必要があるとのことでした。

 

まとめ

タバコ使用者が勝手に病気になって、誰にも迷惑を掛けない人生を送るのなら、別に吸ってても構いませんが、

 

主流煙よりはるかに害がある副流煙をまき散らして周りの健康を奪ったり害があると知っているのに喫煙して、体の不調を訴えに病院に行って医者の面倒になるのは見当ハズレなのではないかと思います。

 

自分1人で解決するのなら構いませんが、他人を巻き込まないでいただきたいと切実に思います。

タバコ, 健康

Posted by たか