退屈な仕事・やりがいのある仕事 人生の満足度・幸福感が高い働き方

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

仕事

こんにちは、こんばんは、たかです。

 

仕事が全然楽しくない

と感じていませんか?

 

自分のやりたいことを仕事に出来てる人なんてほんの一握りで、例えばyoutuberで成功してる人は全体の3%しかいないと言われています。

 

あなたはどうでしょうか?

  • 仕事にやりがいを感じてますか?
  • 仕事が楽しいと思えてますか?

科学は人生の満足度を上げる方法をいくつも解明しています。

この他にも「通勤時間を約20分減らすだけで給料の33%分の幸福感が得られる」など人生を楽しくする方法はいくらでもあります。

 

今回はその1つとして「退屈と感じてる仕事を楽しくさせる方法」を紹介します。

 

生きてくためにはどうしてもお金は必要なので働く必要があります。人生のその殆どが働いてると言っても過言ではないほど長い年月働かないといけません。

 

その時間が退屈な時間かそれとも楽しい時間か、それだけで人生の満足度は格段に良くなります。理解するのは簡単なのでぜひ読んでいって下さい!

人生の満足度を上げる仕事を楽しくする方法

それは

自分が自分をコントロールできているという感覚

です。

どういうことかと言うと

  • 上司に頼まれたからしょうがなくやる

といった「誰かに頼まれたからやる」受動的な働き方じゃなくて

  • 自分で考えて行動する

といった「主導的な考え方」で仕事をするとやる気が上がって仕事が楽しくなるよ!と言うことです。

根拠

ビッツバーグ大学の研究で、退屈なゲームを使って「人はどういうときにやる気を出すのか?」と言うことをfMRIという機械を使って調べました。片方は自分で答えを推測してもらい、もう片方はAIに推測してもらいました。

 

答えは被験者がどう推測しても正解と不正解が交互に来るように設定されていています。つまりどんなに頑張って推測しても意味がないということです。

 

しかしそのことを被験者に伝えても「家に持ち帰りたい!」と言わせるほどやる気を示していました。

 

AIが推測した方は退屈で「早く家に帰りたい」と言うような反応を示していました。

 

つまりゲームが退屈なものになるか、楽しくてやりがいのあるゲームになるのかは「自分が自分をコントロールできてるかどうかの感覚」で変わるよ!と言うことで、仕事も同じです。

 

同じような仕事でも主導的に行動することでやる気が上がり、仕事の満足度も上がる

と言うことです。

 

意識して仕事をしてみましょう!

 

その他の仕事に関する記事はこちら↓


参考文献
あなたの生産性をあなたの生産性を上げる8つのアイディア

仕事

Posted by たか